ベッティング時に避ける野球の本命 要チェック

ルールとして、ベッティングをする人は、勝つからという理由で本命に賭けることが好きです。野球の本命はシーズン中に58%の確率で勝ちます。ですが、野球の本命に賭けることは野球のベッターにとっては負け。マネーラインのオッズはその逆だからです。だってあなたは大衆と賭けているのですから。このために、本命の代わりに負けそうなチームにベッティングした方が良いわけです。それがベッティング特有の価値ですから。

それにもかかわらず、ベッティングの際には避けるべき野球の本命が一部あります。ベッティングの際に避けるべき野球の本命のルールは:

1. 地区のライバルとロードで試合する本命にいつも賭けるのは避けること。あまり好まなかった方のホームチームに賭けましょう!これで、試合でのロードの本命を避けます。追加で従う役立つルールは、お金を稼ぐことは、ホーム本命にスプレッドで賭けること。-110から-130の間で。これは6ゲーム以上の勝ったことになり、5点以下の得点が続く負けから引かれます。

2. 一般的に、避けるべき野球の本命は、スランプのチーム。

3. ベッティングの時に避けるべき別の共通の野球の本命は、アメリカンリーグでの本命。理由があってアメリカンリーグは、多くのすばらしい攻撃の積み重ね。DH制度のために、ピッチングの長所はアメリカンリーグでは強くありません。私は賭けをする時にはいつでもアメリカンリーグの本命は避けるようにしています – ほぼ毎日のことですが!

4. ベッティングの時に避けるべき別の野球の本命は、チームが勝利からシリーズに入って、負かしたばかりのチームに向かう時です。理由は、勢いがすばらしいこと。普通、負けているチームはオッズを乗り越えて勝つために十分に奮い起こすことに苦労するでしょう。

5. ベッティングの時に避けるべき別の野球の本命は、本命が3試合連続で勝った時です。逆の場合もそうです。3連敗した野球のチームにもベッティングは避けるべきです。

6. ベッティングの時に避ける別の野球の本命は、チームのピッチャーが最後に出場して打たれた時です。精神的にまた投げる準備ができないことがあるからです。同じ傾向として、チームのリリーフピッチャーが過去2試合で多く投げた場合にも、その野球チームを避けたいかも知れません。

結論として、スポーツでベットするほとんどのプロのギャンブラーは、勝利の秘密とは負けそうなチームに賭けて、野球の本命を避けることだと言うでしょう。負けそうなチームにマネーラインをベットする時には、リスクが少なく勝てることが多くなります。一般的には、野球の本命は年間で少なくとも60試合は負けます。最下位の野球チームはそれとほぼ同数で勝てます。ですから、本命にベットすればするほど、とんとんになるのに必要な勝利の確率が上がります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *